浜辺

中洲はソープファンの憧れ

福岡県のみならず、九州最大の歓楽街として1日約6万人の集客を誇るという中洲には、那珂川沿いに屋台がズラリと立ち並ぶ賑やかな屋台通りがあるのが印象的で、多くのネオンが川面に反射する独特の雰囲気と相まって、いかにもアジアと言える幻想的な夜の歓楽街のムードを醸し出し、地元の博多っ子や観光客を出迎えてくれます。
常に活気に溢れているこの地域は、風俗の世界でも全国にその名を轟かせており、約60店ほどのソープランドがあちこちに点在する夢のような場所でもあります。現在はデリヘルなどのホテルで利用する風俗店の波に押され、めっきり数が少なくなった店舗型のソープが、犬も歩けばソープに当たるというくらい地域一帯に点在していたり、ビルを埋め尽くしているというのは、ソープファンにとってここが川で隔離された憧れの島であると感じさせられることでしょう。
そんな中洲1丁目、2丁目は、かつては新柳町遊郭として栄えた実績を尊重される形でソープの営業が許可されている、言わば国のお墨付きのソープ街ですので、24時でネオンが消えてしまいますが、逆に言えば安全、安心の経営を守り続けていることの証であり、風俗店にありがちな如何わしいトラブルの心配がないということでもありますので、是非一度立ち寄ってみて下さい。

ピックアップ

中洲のソープ嬢は亭主関白たる献身さ

中洲と言えば亭主関白として全国に知られていますが、風俗で働く女の子たちにもそのようなDNAを感じることがあります。まるで旦那様のよ…

もっと読む

客の懐次第で遊び方が選べる中洲ソープ街

福岡県の博多には、吉原やすすき野と比較されるほどソープランドのメッカとして名高い中洲という地域があります。那珂川と博多川で区切られ…

もっと読む